since 2018.01.01

1991年生まれのライター/千葉/ボカロ、歌い手界隈中心

日の出の波

普通の幸せとはなんなのか。日頃から周りの幸せに敏感な態度を示して生きてきた。そして、いまも、その態度は根深い部分にあって、何も変わらない。

周りの人々に見えていたものを、自分の中に見ることができるようになったのが、昨日の経験。

 

これは、私が憧れていた世界。想像していた世界。何も特別なことはなく、普通のこと。でもその普通が愛おしい。

いま、私は想像の世界にいるようで、現実にいる。やっと、私もいま一度手に入れることができた。

 

なぜか、心がざわめき始める。

 

フェリーに乗って、海の波立つところを見ていた。波を心に例えてみる。


f:id:u-world:20190505213149j:image

 

この上なく、幸せだと感じているいまの私。少し遠くの方から波が寄せてくるように、確かに幸せなるトキメキのような炭酸が心の中心めがけてやってくる。でも、その瞬間に、自分の根深いところにいまだに宿る外部を羨ましく思う気持ちと同様の、自分はどうせ上手くいかない、そんなマイナスにも似た感情が湧いてきて、せっかくやってきた幸せの波を押し避けてしまう。やがて、波の動きは行っては来てを繰り返すようになり、あるのは不安定な心だということを実感する。時に、幸せ、根は相対、ならば、いつまでも不安定。

波立つ海がそんな答えを私に教えるようだった。

 

幸せだと思っているのに、果たして本当にそうなのだろうか。

 

きっと、根本のマイナス部分をなくせば、不安定ではなくなっていくのだろう。でも、人は間違いなく、マイナス部分を持つことで心無しか安心する部分もあるように思う。

例えるなら、仕事。本当に嫌なことばかりだった。信じられない人をたくさん見てきた。でも、その怒りが、自分の活動の原動力になっていたことだけは確かだった。嫌なことがあるから、ほかで力を発揮できて、その経験は間違いなく自分を強くしている。マイナス感情は敢えての心の予防線。だから、いつまでも、この根の部分が消え失せることは無い。

いうてみれば、すべてのマイナス感情をとっぱらえた時というのは、想像力の終わりなのかもしれない。だから時々湧き出るマイナス感情はそのままに生かしていくが吉。

 

ということで、途中で感じる感情は波のように動きを繰り返していたわけなのだけれど、昨日を1日経ったいまから振り返れば、幸せという答えに尽きることに気付いた。なんやかんや、終わりが良ければ良しという結末になるのかもしれない。そう、思おう。

曇天下の広がる海から

冷凍庫のなかのように冷えた空気、風、聳え立つ草木の匂い、自然、曇空、下に見える街 真っ直ぐに見えるのは壮大に広がる緑色がかった波立つ海、手前の海とその奥の海の間は二重層、奥は手前よりも深緑色。

f:id:u-world:20190323183708j:image

ずっとその先を見ていると、自分がいかに海から見たらちっぽけな存在ということに気付く。人は小さい。

海ではないけれど、海を越えた海外に行くと知れるのは 世界は広い レストランでは話しかけるタイミングさえも難しいと思えるほどにみんな殺伐とした感じでせっせと動いている なにより周りの目を気にしない大胆に行動している ということ。

それで、そのあと、日本に戻ったときに思うのは、日本人は丁寧すぎるほどに丁寧 水だって言わずとも無料で持ってきてくれる 大胆に行動する人は少ない レストランの人にせっせと動くイメージはあまりない ということ だから、日本で住むのが当たり前になると確かに居心地はよい。けれど、海外で見たあの大胆で周りを気にしない環境からは離れることになるから、いつの間にか肩身の狭い生活を強いられ、知らないうちに圧迫されている気持ちになるもの。

時間の経過とともに、海外で広くなっていたはずの視野は狭くなっていく。

そうなると、また海外に行ってあの時感じた価値観を求めに行きたい、そう思う。

でもあの頃のようにしょっちゅう海外に行くことができるわけではないから、海を見たのはとても、よかった。大したことではないけれど、普段感じない自然を感じて、海からインスピレーションをもらえた気がした。

海を越えればきっと海外だから、一瞬視野が開いた感覚になる。自分が考えていることは自分にとっては大きなことかもしれない でも、世界は、やはり広いから、世界単位で考えると、同じ悩みが小さく見えてくる。世界の広さは余裕を与えてくれるということ。絶対に自分主観に考えてしまうよりも世界(俯瞰の目で)から見た、自分を考えるほうが余計な重荷にならなくていい。

ほかにも、感情に左右されやすい時に誰かの言葉が、自分の感情をセーブしてくれる時もある。

その誰かはある意味で、世界の役割を果たしている。

文字だけでは

ネット上だと基本その人の声を聞くことよりも、文字が主な伝え方の手段となっているから、その人を印象づけるものがたいてい、文字。知らず知らずのうちに文字が、他人の像を作り上げている。絵文字が多い人だと、テンション高そうとか、批判的なことばかり書いてるひとはちょっと病んでそうとか。男の人にしては、ゆるい文章を書く人なら、男っぽくはないのかな...とか。

もちろん、文章を書いた人が思い付いた言葉をそのまま書いているわけだから、その人の頭に出てきた文章であることは間違いない。でも、その文章を読んだ人は、その文章を書いた当人が心で話した文字を同じトーンで、その通りに読めているとは限らない。読む時のニュアンス的なものは全然違うかもしれない。きっと、心の中で明るいトーンで話して、書いたんだろうと思っても、実際には、その文字を書いた当人は結構暗いトーンで話しているかもしれない。だから、文章を読んだ人が、きっとこんな感じで話しているんだろうなと推定をするのは、あまり良くないのかもしれない。書いた当人には当人のトーンがあって。読んだ人が、感じているトーンとは別。同じということもあるだろうけど。だから、この人はきっと、こんな人だというのは文字から当てることはかなり難しいのかもしれない。だから、文字だけで、判断するのは勿体ない。例えばいくら、かわいいアイコンが当人のイメージを作っていても、実際には、暗いというパターンも同じ。やっぱり、ひとは他人のことをきっと、こんな人だと決めつけることは不可能に近いのかも。文字を書いたら、そのあとは、読者により、勝手にイメージが作られていく。文字は独り歩きして、人へ勝手にその人のイメージを作りあげている。だから、文章や、イラストからきっとこんな人なんだろうなと思っていた人に会ったときに、実際には全然違った姿だったということがあれば、本当のその人というのは、実際に会ったその姿にあるのではないかと思った。つまり、文章やイラストから自分がいままで勝手に作り上げていたイメージのほうこそ、偽物だったということ。とはいっても、会ったその人も、その時に応じて、姿を変えているかもしれない。その時の自分は企業用の自分かもしれないなど。考えれば、考えるほど、他人の本当の姿ってわからない。結局、本当の姿がわかるのは、本人でしかないということなのか。文字だけではその人の表情も声もわからないから、理解するためには、文字を離れないといけないということがわかる。でもその逆も然り。本当の答えは多分どこにもない。考えれば考えるほど謎が深まるばかり。

寂しい心は歪な心に

岡崎体育の「龍」

寂しい心を持つと偏った成長を遂げてしまうもの
あなたには愛がある

 

これ、本当のことだな...そう思った。

 

あいみょんの「ひかりもの」

だいたいのことでは傷ついてきた
恋仕事生活家族や
捨ててしまいたいと悩む事ばかりだよ
繋ぎ止めたいと思うものばかりなんだよ


そりゃもっともっともっと
私の身体が
誰かにずっとぎゅっと
触れていたなら


心は優しくなれたかな
身体は柔らかく温まって
はじめよう 新しい何かを今
つまらない事ではもう
泣かないぞ

 

これも、本当のことだな...。これも、寂しい心を歌っている。

 

様々な軋轢により、随分と歪な形になってしまったけど、もし、丸い心がすっぽりと入れる場所があったなら、歪な形にはならなかったんだろうな。入れる場所を探して、探して、でも、違って、また、違ってを繰り返し、行き着いた先もまた違った。もしかしたら...と希望を見出せる予感がしても、結局は違った。それに、入れたとしてもそれは偽物で、1番ではなかった。だから、すぐにそこから離れた。離れるしか無かった。だから、いつも、不安定で転がっての繰り返し。気付けば、どこにも収まりきれずに変な形になってしまっていた。試している間はわからない。気付けば、そうなっていた。もし、本当の場所を見つけ、安心できる場所があれば、きっと、ここまで、歪ではなく、もう少し丸く、大きな心でいられただろう。どこか変わってるのもそのせいなんだろう。伝えたいことを伝えられずに、終わってしまう、そもそも、本物を知らないから、自分止まりで、変になってしまう。本物を知ってる人は豊かに見えるのだ。大人に見えるのだ。偽物ばかりでなく、本物に出会えたなら、歪な心も丸くなっていくのか。

『おとぎ』リリース前にEveについて綴る

ボカロ曲やBUMP OF CHICKENや、RADWIMPSKANA-BOONなどの邦楽を“歌ってみた”として、カバーしていた頃は、お洒落でゆるくてふわふわしている、このイメージが強いEveだった。実際に、表に出るEveがそうだったから。もちろん、いまのEveを見ても、この第一印象は変わらない。ただ、Eveの楽曲を魅せる上での内情の変化は確かに楽曲に表れている。

2014年にリリースしたゆりんとの共作『oyasumi』収録の「おやすみ」では、Eveが作詞を担当し、2015年にリリースされたRiot of color(夏代孝明、ゆりん、Eve、S!N、kradness、KKがメンバー)の2ndアルバムの収録曲の「sister」ではEveが作詞作曲を担当した。「sister」は後に、動画サイトでも、投稿されて、Eveは、ボカロPとしての活動もスタートさせたように見えた。ただ、そこまでは外から見たEveの印象が変わることはなく、そのままのEveだった。

Eveの心の変化が見られ始めたのは、2016年にリリースされ、初の全国流通盤となった3rdアルバム『OFFICIAL NUMBER』からだった。Eveが自分のアルバムに、作詞作曲楽曲を取り入れ始めたのは正確にいえば、2015年にリリースされた2ndアルバム『Round Robin』。けれど、『Round Robin』の後にリリースされることとなった『Round Robin』の収録曲「メルファクトリー」の再録音バージョン、さらに、「sister」の再録音バージョンに加え、カバー曲、提供された曲を含め、新たな自作曲も取り入れた作品となった『OFFICIAL NUMBER』のほうが、より、Eveの心情と読めるフレーズが少しばかり多く並んでいるように思えた。なかでも、Eveの若干の内情を映し出していた代表格ともいえると思う曲は、「キャラバン」、「ショートアンブレラ」。いままで“歌ってみた”動画をあげることが多かったからこそ、同アルバムには少し人間味のようなものが、出ている楽曲達が生まれ始めてきたような気がした。何か、変化が起き始めている...歌詞から、人間味が出てきたよね、そう思った人は少なくなかったと思う。

それからの2017年4thアルバム『文化』リリース前にYouTube動画に投稿されることとなった「ナンセンス文学」は『OFFICIAL NUMBER』の自作曲とはまた、全く違った系統の楽曲だった。誰もが驚いたと思う。ただ、〈僕ら馬鹿になって宙に舞って、今だけは忘れてラッタッタ(ラッタッタ)〉のフレーズには、まだ、真っ黒な感情に染まり切っていないEveが残っているように思えた。

そして、その後、動画サイトにて投稿された「ドラマツルギー」が、Eveのイメージを破壊するターニングポイントとなる楽曲だった。そこには、ゆるいEveが、どこにもいなかった。完全に心に闇を抱えた少年をEveは演じていて、そこにはゆるいはひとつも存在しなかった。「ドラマツルギー」には、かなり衝撃を受けて、ただただ、Eveがひと皮脱いだ...。そう思えたものだった。いままで、表に見せていなかったEveを見た気がした。「ドラマツルギー」の印象そのものが、本当のEveの姿だとすれば、事件だと。

そして、2017年12月には全作詞作曲の『文化』をリリースした。「sister」も感情移入してしまいやすい曲だったけれど、「ホームシック」や「羊を数えて」はさらに広く感情移入してしまいそうな楽曲だった。一方で闇テイストの楽曲達に関しても、社会の荒波に揉みくちゃにされる時代だからこそ、良い意味で感情移入することができた。もう、人間味溢れた楽曲でいっぱいのアルバムだった。そのなかでも「会心劇」が『文化』のなかで、最も重要な楽曲ではないかと思えた楽曲だった。

 

 

全て失ったって

誰になんと言われたって

“己の感情と向き合ってるのかい”

そうやって僕を取り戻すのだろう

 

 

ここに歌われているのは本当のEveの姿をさらけ出すことを覚悟したこと。歌を歌う中で、本当の自分を見せたいという自我が芽生えていく。ついに本当の自分をさらけ出さずにはいられなくなったEveが選んだのは、いままでの自分のキャラクターが、好きで応援してくれていた人達が離れていってしまったとしても、しょうがない。いまは、それよりも、自分の感情を大事にしていきたい。という気持ち。Eveは、周りの目よりも、自分の気持ちに正直になることを選んだ。「会心劇」のこのフレーズからは、そんなEveの気持ちが読み取れた。ちなみに「ラストダンス」までは本当の自分を見失っている人を描いているように見える。MVには、同じ人でも、いくつもの履歴書が映るシーンがあった。それは、いくつもの自分という人間を作り上げてきてしまったせいで、本当の自分がどの自分なのか、わからなくなってしまっている人の象徴だろう。

注目を集めた「ナンセンス文学」や「ドラマツルギー」、「アウトサイダー」、「トーキョーゲットー」あたりのMVを観て、Eveを知る人は多い。楽曲だけを聴けば、Eveにゆるいのイメージは浮かばないかもしれない。心に闇を抱えているんだなと思うかもしれない。けれど、そのイメージで入ったらきっと、そのあとのEveを知った時に、どこかEveに対して、安心する部分があると思う。イメージの転換だ。一方で、それ以前にEveを知っていた人ならば、「ナンセンス文学」で、ダークな面もあるんだなと衝撃的な事実を知ったことに。そう考えるとEveに関しては「ナンセンス文学」以降の楽曲がそれぞれのファンによるEveへのイメージを180°転換させたきっかけとなったということだとわかる。それぞれのファンが、楽曲を聴いて、こう捉えていたEveが、実はこんなEveだったんだと。ただ、ゆるいもダークっぽさがあるもどちらに関しても、本当のEve。人の性格をひとつに絞れるなんてことはないのだから。それよりも、『おとぎ』を、きっかけにして、もっともっと、楽曲を通して、無色から、白黒、そして、色鮮やかな色まで、いろんな人間味のある面を魅せてくれることに期待したい。いままでもワンマンライブは行っていたEveだけれど、昨年のワンマンライブ『お茶会』や『メリエンダ』の開催で、またひとつEveの見る世界に新たな彩りを付けることとなったのだろう。

いま、なによりも楽しみなのは、2月6日にアルバム『おとぎ』がリリースされること。こちらに収録された「僕らまだアンダーグラウンド」のMVは、Eveが好きな世界観がしっかりと描かれているものになっていると思えた。Eveの良いところは、着実に自分の好きなものを自分の作品に取り入れていっていること。なにより、ひとりではなく、直接のやり取りを通して、好きなクリエイター達とともに、素敵な作品を作り上げていること。いま、そのチームワーク力は留まることを知らないほどに大きくなっていて、特に「僕らまだアンダーグラウンド」のMVを観たときにそう感じた。自分で映像を作ることはないけれど、そうでなくても、ここまで素晴らしい作品を作り上げるのにも、あらゆる努力が必要だろう。好奇心旺盛で周りを巻き込む力が特段あるEveだからこそ、楽曲以外の映像などにまで、磨きがかかる。それは素晴らしいことだと思う。Eveの楽曲には、いまではクリエイターと新しく作り上げるオリジナルのMVが欠かせないものになった。

『おとぎ』収録の「アウトサイダー」「トーキョーゲットー」など既に公開されている曲以外は、いままでのEveのアルバム収録曲とは異色の歌詞、サウンドとなっていること間違いない。『おとぎ』を聴いたらきっと、映画を観ることに近い感覚で、その『おとぎ』の楽曲の物語に引き込まれてしまうと確信している。

ある種の恋みたいな

DAOKOの「終わらない世界で」が、なぜかとても好きな曲になっているので、曲分析をしてみたのだけれど、この過程って、恋に似ているような...というのも、

ある人(を好きになる)→なんで好きになったのか考える→その人のことを詳しく知りたくなる

という流れを恋した流れとするならば、曲分析に至った流れも

...曲(を好きになる)→なんで好きになったのか考える→その曲のことを詳しく知りたくなる(曲分析してみる)

恋の流れと同じような流れだから。

簡単に人を好きになることは難しいのに、簡単に音楽には恋してる。

恋でいえば、好きな人を見る→どきどきする

の流れかもしれない。でも、どきどきするの間に入るのは、想像。好きな人がいても、それだけではなかなか。こんなことがあればいいなと想像するからロマンティックさが増して、よりどきどきするんじゃないかな。

と考えれば、この曲の場合、好きな曲を聴く→わくわくする 確かに曲を聴けば、それだけで、わくわくするものだけれど、わくわくする前に、なにかを想像しながら、曲を聴くほうがより、わくわく度が増す。

つまり、人や曲はツールでしかないけれど、人は想像することができる能力を持ちうるから、より、人や曲が輝くということ。

好きと言われても、誰のことでも簡単に好きになることはできない。だけど、曲なら、大抵好きになれる。社会で生きる上での支えを作るとしたら、それは簡単には見つからない結婚相手とか、恩人とかになってくるんだろうけれど、音楽は誰にとっても生きる上での支えになってくれる。だから、誰もが自分の心の拠り所を音楽に寄せるようにして、いろんな音楽を好きになるんだと思う。社会で、"本当に心から感謝しきれない好きな人"というのは、数えるほどいないはずだから。音楽には、人を支えてくれる無限の可能性がある気がする。それに、加えていうならば、音楽ならいくら好きで聴いていても、傷つくことはそうそうない。そういう安心感も人に恋することと違った魅力の一つ。

青に歩く/宮下遊 レビュー(短め)


f:id:u-world:20181221141723j:image

今年のボカロシーンを賑わせた、話題の「ロキ」を含めた有名ボカロPによる書き下ろし含めた全11曲で構成されたメジャー2ndアルバムは、千姿万態な声を浮遊させるように歌う宮下遊の真髄を玩味できる作品に完成。『青に歩く』ではないが、まさに、顔色が青くなるような感覚を覚えたのは、1stアルバムでもコラボしたきくおによる書き下ろし楽曲「舞台性ナニカ」。〈ぼくわたしおれと たくさん持って いくつもの仮面と虚飾 魅力的じゃなきゃ どこにもいられない〉一瞬で汲み取った。仮面という名の声を使い分ける宮下遊、そのものではないか。そして最後に、彼が向かう青とは一体いかなる場所か。その答えは、『青に歩く』とリンクさせた、シャノンによる書き下ろし楽曲「青へ向かう」で見つけられるだろう。