since 2018.01.01

1991年生まれのライター/千葉/ボカロ、歌い手界隈中心

こどもからおとなへ

子供の頃は夢を見ている。

それは、自分のなりたい人だったり、結婚だったり…

まだ手に届かないけど、それなりに憧れを持てるものに対して夢を見る。

 

大人に近付いてくると、やっと、その夢が実現するかしないかが目に見えてきて、夢を見ていた自分になれた人がいれば、結婚できた人もいる。

ちゃんと、大人になれている人とは、理想を理想のままで終わらせずに、理想を現実にするためにいま、手や足を動かしている人だと思う。

 

だから、いまだなにかに対して夢見がちすぎる傾向だったり、理想になるようにただ時を待つだけだったりしているなら、

まだ子供ということになるんだろう。

 

昔から理想が高く、夢見がちで、これじゃないと色んなことを蹴ってきた自分。いまはどう?

そんなことを考えていた。

 

日の出の波

普通の幸せとはなんなのか。日頃から周りの幸せに敏感な態度を示して生きてきた。そして、いまも、その態度は根深い部分にあって、何も変わらない。

周りの人々に見えていたものを、自分の中に見ることができるようになったのが、昨日の経験。

 

これは、私が憧れていた世界。想像していた世界。何も特別なことはなく、普通のこと。でもその普通が愛おしい。

いま、私は想像の世界にいるようで、現実にいる。やっと、私もいま一度手に入れることができた。

 

なぜか、心がざわめき始める。

 

フェリーに乗って、海の波立つところを見ていた。波を心に例えてみる。


f:id:u-world:20190505213149j:image

 

この上なく、幸せだと感じているいまの私。少し遠くの方から波が寄せてくるように、確かに幸せなるトキメキのような炭酸が心の中心めがけてやってくる。でも、その瞬間に、自分の根深いところにいまだに宿る外部を羨ましく思う気持ちと同様の、自分はどうせ上手くいかない、そんなマイナスにも似た感情が湧いてきて、せっかくやってきた幸せの波を押し避けてしまう。やがて、波の動きは行っては来てを繰り返すようになり、あるのは不安定な心だということを実感する。時に、幸せ、根は相対、ならば、いつまでも不安定。

波立つ海がそんな答えを私に教えるようだった。

 

幸せだと思っているのに、果たして本当にそうなのだろうか。

 

きっと、根本のマイナス部分をなくせば、不安定ではなくなっていくのだろう。でも、人は間違いなく、マイナス部分を持つことで心無しか安心する部分もあるように思う。

例えるなら、仕事。本当に嫌なことばかりだった。信じられない人をたくさん見てきた。でも、その怒りが、自分の活動の原動力になっていたことだけは確かだった。嫌なことがあるから、ほかで力を発揮できて、その経験は間違いなく自分を強くしている。マイナス感情は敢えての心の予防線。だから、いつまでも、この根の部分が消え失せることは無い。

いうてみれば、すべてのマイナス感情をとっぱらえた時というのは、想像力の終わりなのかもしれない。だから時々湧き出るマイナス感情はそのままに生かしていくが吉。

 

ということで、途中で感じる感情は波のように動きを繰り返していたわけなのだけれど、昨日を1日経ったいまから振り返れば、幸せという答えに尽きることに気付いた。なんやかんや、終わりが良ければ良しという結末になるのかもしれない。そう、思おう。

それでも続く未知

今に始まったことではないけれど、思春期の頃辺りからたまに心に穴が空いたような感覚を覚えることがある。

 

それは勿論、ある出来事を持って丸一日を台無しにしてしまうような、立ち直れないような、心苦しく悲しいことがあった時にやってくる感覚だ。一気に心をぎゅうと締め付けられるから、その後には、どちらかというと、ただの穴というよりかは、赤黒い穴ができているよう。

 

でも、ある時、未来の確証がない幸せを噛み締めた時に、大きな穴ではなくて、割と小さく、そして、至る所に無数に穴が空いていくような感覚を覚えたのだ。

 

例えるなら、無数の穴が四方八方に空いていく心は、針刺し。

針刺しは裁縫の際に、針を刺し、置いておくものだけれど、上から扱われる人の手により、後ろ、前、など関係なく針で穴を空けられてしまう。

 

外部要因が心の穴を作る原因だとしたら、なにも考えない人に空けられてしまう心の穴だとしたら、針刺しを扱う人の手と同じことだろう。心の外面から内面をぎゅうと搾るように、攻めるように、至る所に穴が空けられていく様相は、まさに生きた針刺し。

 

生きていて、心に穴が空くのであれば、生きていない針刺しよりも、辛いのではないかというふうにも思う。

 

その穴を抑えるために、心は今感じている幸せをセーブしようと試み始めるようになる。確かに生まれた幸せな感情を自ら、抑えることなど本当はしたくはないけれど、現実的に抑えざらぬを得ない状態なのだ。

 

セーブすれば、最高潮の幸せの位置からぐんと下がるわけで、しかも、一定の期間、その下の位置をキープし続ければ、幸せの感情は薄れていくに決まっている。無意識な記憶力の問題で、幸せの感情が薄れたのではなく、意識的にセーブしたことにより、薄れてしまった、故意だ。

 

セーブしたくて、感情が多少薄まったのに、やはりあの時感じた幸せを感じたくて、薄れた感情を取り戻す必要はあるのか。でも、取り戻さなければ、本当に感じた幸せ迄もが偽物になり、何事もなかったことになってしまう。幸せなことばかり転がった人生ということではない限り、それをなかったこととするのは、心底勿体ない気がしてならない。

 

でも、現実的にはやはり少しセーブしつつ、前へ進んだ方がどう考えても身のためだ。全ては自分に降り掛かってくるものだから。この境界線が難しい。

 

自分の感情に嘘をついて、生まれた感情をまたひとつ、殺してしまうのか、それとも、犠牲を持って真実とするのか、自分だけの問題ならまだしも。

 

そんな時でも、そんな幸せを思い出した途端には、いつもは穴が空くはずの部分が不思議なことに心地良いほどの熱を帯び始め、そこを中心として出来上がった炭酸がしゅわしゅわーと弾けていく。

自由自在に辺りを散らばれるようになった炭酸の粒子が至る所を彷徨いながら、躰の端、腕、脚まで行き渡る始末だ。

 

心の穴が空く感覚は何度もあったはずだけれど、こんなに満たされることは果たして、あっただろうか。まるで、幸せの炭酸だ。

 

ああ、やはり、今は、素直にこの幸せな感情に浸っていたい...。いつかは、単純に、幸せを噛み締めることの出来る日が、到来することを願いつつ。

夢見心地に惑う

これは夢なのかもしれない

 

憧れる、あの人たちは先を加味した現実を生きていて、わたしは一瞬の幸福でしかない不透明な現実を生きる

 

夢心地に浸っているということは、確かに夢のなかにいる

 

そして、哀しくも、その夢心地は永遠の保証はなく、突然消えてなくなる日がくるのも否めない

 

でも、実は消えて、なくなった訳ではなく、最初からあるようでなかった夢を見ていたから、消えてなくなってしまったような感覚になってしまうだけのことかもしれない

 

なにごとがあっても、できる限り、夢を見たいのが人の本心

 

いまではなく、過去は全て振り返れば、夢のように思えてくる

 

なんだかんだ、現実だった過去も夢にすり替わっていく

 

現実を見るよりも夢を見るのが心地良いのは、日頃から夢に覆われた生活をしているから

曇天下の広がる海から

冷凍庫のなかのように冷えた空気、風、聳え立つ草木の匂い、自然、曇空、下に見える街 真っ直ぐに見えるのは壮大に広がる緑色がかった波立つ海、手前の海とその奥の海の間は二重層、奥は手前よりも深緑色。

f:id:u-world:20190323183708j:image

ずっとその先を見ていると、自分がいかに海から見たらちっぽけな存在ということに気付く。人は小さい。

海ではないけれど、海を越えた海外に行くと知れるのは 世界は広い レストランでは話しかけるタイミングさえも難しいと思えるほどにみんな殺伐とした感じでせっせと動いている なにより周りの目を気にしない大胆に行動している ということ。

それで、そのあと、日本に戻ったときに思うのは、日本人は丁寧すぎるほどに丁寧 水だって言わずとも無料で持ってきてくれる 大胆に行動する人は少ない レストランの人にせっせと動くイメージはあまりない ということ だから、日本で住むのが当たり前になると確かに居心地はよい。けれど、海外で見たあの大胆で周りを気にしない環境からは離れることになるから、いつの間にか肩身の狭い生活を強いられ、知らないうちに圧迫されている気持ちになるもの。

時間の経過とともに、海外で広くなっていたはずの視野は狭くなっていく。

そうなると、また海外に行ってあの時感じた価値観を求めに行きたい、そう思う。

でもあの頃のようにしょっちゅう海外に行くことができるわけではないから、海を見たのはとても、よかった。大したことではないけれど、普段感じない自然を感じて、海からインスピレーションをもらえた気がした。

海を越えればきっと海外だから、一瞬視野が開いた感覚になる。自分が考えていることは自分にとっては大きなことかもしれない でも、世界は、やはり広いから、世界単位で考えると、同じ悩みが小さく見えてくる。世界の広さは余裕を与えてくれるということ。絶対に自分主観に考えてしまうよりも世界(俯瞰の目で)から見た、自分を考えるほうが余計な重荷にならなくていい。

ほかにも、感情に左右されやすい時に誰かの言葉が、自分の感情をセーブしてくれる時もある。

その誰かはある意味で、世界の役割を果たしている。

文字だけでは

ネット上だと基本その人の声を聞くことよりも、文字が主な伝え方の手段となっているから、その人を印象づけるものがたいてい、文字。知らず知らずのうちに文字が、他人の像を作り上げている。絵文字が多い人だと、テンション高そうとか、批判的なことばかり書いてるひとはちょっと病んでそうとか。男の人にしては、ゆるい文章を書く人なら、男っぽくはないのかな...とか。

もちろん、文章を書いた人が思い付いた言葉をそのまま書いているわけだから、その人の頭に出てきた文章であることは間違いない。でも、その文章を読んだ人は、その文章を書いた当人が心で話した文字を同じトーンで、その通りに読めているとは限らない。読む時のニュアンス的なものは全然違うかもしれない。きっと、心の中で明るいトーンで話して、書いたんだろうと思っても、実際には、その文字を書いた当人は結構暗いトーンで話しているかもしれない。だから、文章を読んだ人が、きっとこんな感じで話しているんだろうなと推定をするのは、あまり良くないのかもしれない。書いた当人には当人のトーンがあって。読んだ人が、感じているトーンとは別。同じということもあるだろうけど。だから、この人はきっと、こんな人だというのは文字から当てることはかなり難しいのかもしれない。だから、文字だけで、判断するのは勿体ない。例えばいくら、かわいいアイコンが当人のイメージを作っていても、実際には、暗いというパターンも同じ。やっぱり、ひとは他人のことをきっと、こんな人だと決めつけることは不可能に近いのかも。文字を書いたら、そのあとは、読者により、勝手にイメージが作られていく。文字は独り歩きして、人へ勝手にその人のイメージを作りあげている。だから、文章や、イラストからきっとこんな人なんだろうなと思っていた人に会ったときに、実際には全然違った姿だったということがあれば、本当のその人というのは、実際に会ったその姿にあるのではないかと思った。つまり、文章やイラストから自分がいままで勝手に作り上げていたイメージのほうこそ、偽物だったということ。とはいっても、会ったその人も、その時に応じて、姿を変えているかもしれない。その時の自分は企業用の自分かもしれないなど。考えれば、考えるほど、他人の本当の姿ってわからない。結局、本当の姿がわかるのは、本人でしかないということなのか。文字だけではその人の表情も声もわからないから、理解するためには、文字を離れないといけないということがわかる。でもその逆も然り。本当の答えは多分どこにもない。考えれば考えるほど謎が深まるばかり。

寂しい心は歪な心に

岡崎体育の「龍」

寂しい心を持つと偏った成長を遂げてしまうもの
あなたには愛がある

 

これ、本当のことだな...そう思った。

 

あいみょんの「ひかりもの」

だいたいのことでは傷ついてきた
恋仕事生活家族や
捨ててしまいたいと悩む事ばかりだよ
繋ぎ止めたいと思うものばかりなんだよ


そりゃもっともっともっと
私の身体が
誰かにずっとぎゅっと
触れていたなら


心は優しくなれたかな
身体は柔らかく温まって
はじめよう 新しい何かを今
つまらない事ではもう
泣かないぞ

 

これも、本当のことだな...。これも、寂しい心を歌っている。

 

様々な軋轢により、随分と歪な形になってしまったけど、もし、丸い心がすっぽりと入れる場所があったなら、歪な形にはならなかったんだろうな。入れる場所を探して、探して、でも、違って、また、違ってを繰り返し、行き着いた先もまた違った。もしかしたら...と希望を見出せる予感がしても、結局は違った。それに、入れたとしてもそれは偽物で、1番ではなかった。だから、すぐにそこから離れた。離れるしか無かった。だから、いつも、不安定で転がっての繰り返し。気付けば、どこにも収まりきれずに変な形になってしまっていた。試している間はわからない。気付けば、そうなっていた。もし、本当の場所を見つけ、安心できる場所があれば、きっと、ここまで、歪ではなく、もう少し丸く、大きな心でいられただろう。どこか変わってるのもそのせいなんだろう。伝えたいことを伝えられずに、終わってしまう、そもそも、本物を知らないから、自分止まりで、変になってしまう。本物を知ってる人は豊かに見えるのだ。大人に見えるのだ。偽物ばかりでなく、本物に出会えたなら、歪な心も丸くなっていくのか。